プロペシアの効果

nurses and patients

プロペシアとはアメリカのメルク社というところが開発したAGAの治療薬です。現在日本ではMSD(旧万有製薬)という会社が正規代理販売店として販売を行っています。
そして世界の60ヶ国以上で承認を受けており、世界で初めて医師が処方する内服薬によるAGA治療薬としても有名な薬でもあります。プロペシアの有効成分はフィナステリドという成分が含まれています。
このフィナステリドは、今では多くの発毛効果のある商品が販売されていますが、内服薬としてAGAの治療効果があると日本の厚生労働省から認められている成分でもあります。
もともとAGAの治療薬として開発が行われていたのではなく、前立腺の病気改善のために開発が行われていました。臨床試験を行っていた時に多くの被験者から発毛効果が見られました。
そこで前立腺治療薬と育毛剤と並行して効果の検証を行っていき、AGAに効果があるということが判明しました。
AGAの主な原因である物質はDHT(ジヒドロテストステロン)という物質で、AGAに悩む男性の薄毛になっている箇所には通常よりも多くのDHTが確認されています。
この物質が成長する毛髪に対して退行したり休止するような信号を送り出す結果、細い毛髪が増えたり長く太い毛になる前に抜けたりするなどの原因になるのです。
そこでプロペシアはAGAの原因となるDHTを生成するのに不可欠な酵素を阻害してDHTの生成を阻止します。それによって成長期の髪の毛が長くなり、細かった毛にもコシが出てきたりと発毛効果を出す薬なのです。